衛生面が不安なインドジェネリック

最近では日常的にも、ジェネリック医薬品という言葉を耳にする機会が増えて来ているものです。そもそもジェネリック医薬品とは基本的に、先発薬の成分を少し変えて作られた薬であり、開発コストがかからない分、先発薬よりも安く購入出来るという利点があります。ですが成分が少し違う分、先発薬よりも効果が弱いと考える人も少なくないです。
ですが、インドで作られているフィンペシアに関しては、効果が弱いという心配はないです。そもそもフィンペシアとはどんな薬かと言うと、三十代から四十代以降の男性に多く見られる、頭髪が徐々に薄くなる男性型脱毛症を改善する薬のジェネリック医薬品です。ただし、インドの場合、2005年まで医薬品の物質特許が認められず、製法特許だけしか認められていなかったという特殊な事情があります。
お陰で2005年以前に開発されたフィンペシアは、元になった男性型脱毛症の改善薬と同一の成分で製法が少し違うというだけです。そのため先発薬と同等の、男性型脱毛性の改善効果がある上に、薬の開発コストが必要ない分だけ、先発薬よりもかなり安い価格で販売されています。なので、かなり安く男性型脱毛症の改善を行う事が可能です。
そのため男性型脱毛症に悩む日本人男性の中には、出来るだけ安く改善しようと、フィンペシアを個人輸入する形で入手していたりします。お陰で病院に行って処方して貰うよりも、かなり安い価格で薄毛を改善しているのです。
ただしそういったフィンペシアの個人輸入は、自己責任で行う事になります。しかもフィンペシアは、塗るタイプではなく、口から服用するタイプであるので、衛生面が心配だったりします。なので個人輸入する際は、出来るだけ信頼出来る所を探し出し、行うべきです。